うつ病について

うつ病について

うつ病について

うつ病は、一種の気分障害である精神的疾患です。眠れない、食欲不振、体重の減少、うつ気分などがあり、重度の場合は自殺の願望が現れてきます。
「過呼吸」とは、過呼吸症候群という名称で分類される場合もある発作です。しかしパニック障害などの不安障害あるいはうつ病や自律神経失調症等の病気とは違って、心身症とされている症候群です。
『自律神経失調症』では、めまいや耳鳴りに併せて、発汗や動悸など、身体に異常を覚えたり気持ちがコントロールできなくなり、不安心が出てくるようになったりするのです。
通常なら昼の間は交感神経が主に作用し、夜になって寝るときは副交感神経が身体中に休むように促すことになっています。しかし、これらのバランスが乱れるために、不眠症状が表れます。
情報を制御する脳幹・大脳間のプロセスで、大きな負荷が加えられたり、何か不都合が起こった場合に耳鳴りがはじまるようなケースがある。


うつ病では体じゅうの活動する力が枯渇したかのような感じになり、様々のことに関してすっかり関心や意欲が沸かなくなる状態に陥ります。
うつ病が精神的なものに何も無関係であるとは言えません。「病は気から」という慣用句通り、精神的にも大きなトラブルがある人がたくさんいます。
うつ病や自律神経失調症の症状の多くの場合で、身体的症状が出てからそれをそのままにしておくと心における症状が現れるのです。結果として本式に自律神経失調症やうつ病を発症するのです。
自律神経失調症とうつ病の違う点は、自律神経失調症は「心で起こる身体的な病気」であり、うつ病の方は「ノルアドレナリン等の脳内神経伝達物質の分泌量の異常」という病気だということです。
仮面うつ病とは立ちくらみや頭痛、肩こり、しびれといった身体的な症状が強く、うつの状態が表に出てきません。よって、症状により自律神経に障害があると思われがちです。


ふつう更年期障害というものでは、「体の症状」と「心理的な症状」が現れるものです。又、多数の症状がいちどきに発症する為に、とても不快になる事が多々あるのも特徴でしょう。
ひとくちに不眠症といっても、数々の種類の不眠症があります。というのは、「眠れない」ということにはさまざまな原因があって、それぞれの場合で不眠症の種類も異なってくるのです。
『細かくて責任感が強い性格』だったり『ストレスの多い仕事場』の方については、更年期障害の心の症状が、一段と出る傾向が強いので気を付けることが大切です。
過敏性腸炎の症状としては、消化管における機能のトラブルに基づいた排便異常と腹痛などの腹部症状が主症状となり、その他に自律神経失調症による気分障害や心の症状も併発することも多いと言われます。
更年期障害という症候群は、ホルモン分泌量の急激な現象が原因で自律神経の作用に乱れを生じ、頭痛、肩こり、のぼせやほてり、疲労、不正出血、疲労等の不快な症状が起こることです。


ページのトップへ戻る