蝸牛神経のトラブル

蝸牛神経のトラブル

蝸牛神経のトラブル

細菌やヘルペスウイルスなどの影響による蝸牛神経のトラブルが引き金になって耳鳴などが現れるケースが想起されるがこういうことも自律神経失調症だと言っていい。
不眠症とは、頭痛と同じように、自律神経失調症によく見られる不調なのです。厚生労働省の調査を見ると、日本人の1割が不眠症の症状が現れているとされています。
前は大腸機能の異常が原因で引き起こされると思われていましたが、今では小腸も無関係ではないという現象が明らかになったため『過敏性腸症候群』といわれています。
自律神経失調症においてもうつ病に似た状態になるものの、うつ病の場合とは違って、ものすごくエネルギーそのものが消滅したようになるなどということは多くありません。
汗っかきになることや、関節の痛みや筋肉痛、眠気がなくならないというような症状は、すぐに更年期障害の一症状だと考えられず、よく「一過性のもの」と考えがちです。


いくつかの症状が立て続けに出てくるような状態になったら、更年期障害が進行してきていると考えるべきです。そういう場合はあまり我慢せずにドクターに相談されるようにしましょう。
自律神経失調症からの影響により出る更年期障害には、のぼせ、ほてり、めまい、高血圧という身体的な症状と、不安感、うつ症状、不眠などの精神におけるものの両方があります。
うつ病や自律神経失調症の人の多くのケースで、身体的症状が出てからそれをほっておいたら心の方の症状が出てくるものです。その結果本当に自律神経失調症なりうつ病なりを発症します。
不眠症はほとんどストレスによって引き起こされます。心理的なストレスの他に、環境が変化したり、毎日の仕事、非常に腹が立っているというような場面もまたストレスを生みます。
更年期障害になる病因はエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が減少することによって起こるホルモンバランスの乱れであり、エストロゲンを補い、バランスを改善すれば更年期障害に見られるうっとうしい症状は改善されます。


「うつの治療にはどのような治療法が向いているか?」現実として、うつ病治療の専門家の間においても知見はまったく異なっていて、これという答えが出されずにいるのが現在の状態です。
過敏性腸炎においては、腸の運動の異常、腸の知覚過敏、精神的異常の3パターンが認められます。といっても、こういった異常が生じる実際の原因は明らかになっていません。
更年期障害の特徴としてはほとんどが自覚症状で、患者ごとに異なる出方をし、加えて症状は特定ではなく、相次いで違う症状として見られるようになります。
20~30代という若年齢で並外れた食事制限、非常なストレス等により、更年期障害のような症状を発症するようなケースのことを若年性更年期障害と名付けています。
自律神経失調症の症状は、ノイローゼやうつ病としばしば同一視されることがあります。その理由としては、どっちにしても身体的な不調だけではなく不安や憂うつ感などといった精神面でのトラブルも出てくるためです。


ページのトップへ戻る