自律神経のバランス

自律神経のバランス

自律神経のバランス

自律神経を司る働きをする脳の一部分と密接に関係するので、自律神経のバランスを乱し、体のいろいろな機能に障害をもたらします。以上が、更年期障害が発症する仕組みなのです。
うつ病というものが心や性格に何一つ無関係だというわけではありません。「病は気から」という慣用句通り、心の中にも深刻なトラブルを持っている方がたくさんいます。
自律神経失調症やパニック障害などのさまざまな心の病で苦しんでいる人の多くは心療内科や精神科で睡眠薬や抗不安薬などいくつかのお薬を出してもらって飲まれています。
通常更年期障害では、「体の症状」と「心の症状」が現れるものです。又、たくさんの症状が同時に出る為に、つらい思いをする場合が多いのが特徴でしょう。
「過呼吸」というのは、過呼吸症候群という名前で表される場合もある発作です。しかしパニック障害等といった不安障害、うつ病や自律神経失調症等の病気とは違い、心身症とされている症候群です。


自律神経失調症からくる不眠症で苦しむ方の数が激増していると言います。その数は人口のうち2割以上であるともされています。
原則的には自律神経失調症とパニック障害の間で施術の差はないです。両方とも脳の血行障害を解消する為に後頭部から背中までの筋のこわばりを緩めます。
ストレスが原因となってあらわれる耳鳴りの症状というのは、精神の状態やホルモンの分泌のバランスが、乱れた時に起こることが多いから、『自分に合ったストレス発散方法』を決めておくことが重要です。
仮面うつ病とは頭痛、めまい、腰痛、しびれなどの身体の症状が強く、うつの症状が表に出てきません。そして症状により自律神経にトラブルがあると思いこみがちです。
ストレスから生じる耳鳴りの症状については、気持ちの状態やホルモンの分泌が、安定しなくなったような時に起こりやすいから、『自分なりのストレス発散法』を知ることが重要です。


『細かくて責任感の強い性格』だったり『ストレスのたまりやすい仕事場』の人は、更年期障害の精神面での症状が、特に出る傾向が強いので用心が必要になります。
睡眠というものには、交感神経系および副交感神経の両者が広く関わっていて、自律神経失調症より不眠症の症状が発現するケースもみられます。
自律神経失調症においてもうつ病のような状態になります。しかし、うつ病の場合とは違い、ひどく力自体が枯れてしまったようになるまでのことは滅多にないでしょう。
不眠症の予防として交感神経の活動を抑制し、副交感神経の機能を促進するには、朝食を欠かさず食べるようにし、普段から何につけ無理をしすぎないように心がけましょう。
「パニック障害」とは、普段の暮らしに差し支える事態もよくある症状です。うつ病と同様に脳内ホルモンの不足が要因で起こると思われています。

次のメニューへ


ページのトップへ戻る