更年期障害の症状

更年期障害の症状

更年期障害の症状

「気持ちが落ち込んでどうしようもない」「常にやる気が出ない」「ベッドから出られない」「こんなこと今までなかったのに」というのは、更年期障害でしきりに耳にするメンタル症状です。
人間関係や極度の緊張などが原因で脳髄に激しいストレスが加えられると、脳内ホルモンセロトニンの量が増加し、自律神経の役割が崩れ過敏性腸炎の症状が引き起こされるのです。
自律神経失調症ではたくさんの肉体的症状が出てくる点ではうつ病によく似ていますが、うつ病に見られる無力感などの抑うつ症状に関してはさほど強くはないものです。
ストレスで起こる腸管の病気の代表である過敏性腸症候群は、大腸などに原因と思われる病気がないのにもかかわらず腹痛が生じる便秘や下痢が続くことが特徴です。
自律神経失調症の症状は、神経症やうつ病としばしば同一視されることがあります。なぜかというと、どちらも体の不調のみならず不安や憂うつ感などといった心のトラブルも出てくるからです。


「パニック障害」に間違えやすい症状が発現する自律神経失調症は、脈拍数が増えたり、食べ過ぎではなくても胃腸の調子をこわすといったような病状も出ます。
自律神経失調症によって不眠となる場合があります。自律神経は、われわれが日頃、意識してなくても作用する神経で、ほとんどの内臓を制御しています。
自律神経失調症の人は、パニック障害において見られるような焦燥感や恐怖感などの心の症状はないですが、種々の体の症状が身体のすみずみにみられます。
人との関係や極度の緊張などにより脳に激しいストレスが加えられると、神経伝達物質であるセロトニンの量が増えて、自律神経が崩れ過敏性腸炎につながります。
過敏性腸症候群(IBS)は大腸の検査や血液の検査で目立った異常が出てこないながら、腹痛や腹部の違和感を伴い、下痢や便秘の症状が長く続く疾患です。


ひとことで不眠症といえども、多くの種類が存在します。なぜなら、「眠れない」という事態には何種類もの原因があって、それぞれにより不眠の種類が違ってくるからです。
耳鳴りやめまいなどが主な症状で、度合いが相対的に重くない自律神経失調症の人の場合、抗不安薬や自律神経調整薬、抗うつ薬等を使った薬物療法を中心として行います。
自律神経失調症の人もうつのような状態になることはありますが、うつ病に比べて、ものすごくエネルギーそのものが枯れてしまったようになるようなことは滅多にないでしょう。
ストレスが原因となっていろんな疾患を引き起こします。過敏性腸症候群という病名は形式的な名前であってストレスから起こる数々の病気の中のひとつです。
更年期障害における診断・治療をしたければ婦人科で診察を受けることが必要となります。体内と体外のバランスを調整する事が自律神経失調症、さらに更年期障害を落ち着かせる一手となります。


ページのトップへ戻る